世界で活躍!ターバンがおしゃれなマレーシア人歌手 Yunaの魅力


Shila Amzahに続き、今回も私が大好きなマレーシア人の歌手Yuna/ユナを紹介します。ケダ州出身の33歳、現在は米国で活動中です。魅力は欧米的なスタイルながら個性を守っているところ。

As an artist, I was told to fit in,
play the industry’s game, and even take off my scarf.
But I refused to.
アーティストとして、馴染めと言われた。
業界のルールに従え、スカーフを脱げとまでいわれた。
だけど私は拒否した。

Yuna (Nikeの広告より)

オーディションで「ボヘミアン・ラプソディー」

こちらは2005年、Yunaちゃんがオーディションに出場したときの映像。法学を勉強しているという当時19歳のYunaちゃん、抜群の歌唱力でQueenの「ボヘミアン・ラプソディー」を歌いあげています。この曲を選んだ理由は「私のtrue voiceを示すことができる唯一の曲だから」とのこと。かっこいい。

Yunaのハイセンスな3曲をご紹介します。

Yunaの楽曲おすすめベスト3

Terukir di Bintang/星に刻んで (2012)

コンパクトにまとまった可愛らしい曲。歌詞に愛が溢れていて、聴くたびに幸せな気持ちになっています。星がテーマなだけあってキラキラした繊細なリズムに、前奏から引き込まれます。

Terukir di bintang    
tak mungkin hilang    
cintaku padamu            
星に刻まれた
消えることはないだろう
私のあなたへの愛

Lelaki/男 (2013)

Terukir di Bintangとはうって変わって、ちょっと攻撃的な曲。この歌詞ををアップテンポで歌うもんだから…Yunaちゃん、強い。
間奏でフランス語のパートがありますが、何と言っているのか気になります。

youtu.be

Kau bukan lagi yang aku kenali  
Perempuan seperti ku     
Tak ingin bersamamu                     
もうあなたは私が知っていた人じゃない
私みたいな女の子は
あなたと一緒になんかいたくない

A Whole New World / ホール・ニュー・ワールド (2015)

ディズニー映画、アラジンの「ホール・ニューワールド」のカバー。 オリジナルはドラマチックですが、Yunaバージョンはカジュアルな雰囲気です。ウクレレの音と軽快なリズムが心地良く、聴くときはいつも夢心地です。

太平洋を超えて活躍するYuna!

今回はマレー語の曲を中心にご紹介しましたが、アメリカで活動しているだけあってYunaちゃんの曲は英語のものが多いです。

2016年にリリースした英語の歌”Crush”は米国ビルボードチャートのアダルトR&B部門で第3位を記録しました。太平洋を超えて自ら未来を切り開き、活躍するYunaちゃん、今後も目を離せません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。